指先を綺麗に整えるだけで、女子力がアップして美しくなることもできるでしょう。
自分でネイルを楽しむこともできますが、より魅力的な指先を実現したいならプロが施術を行ってくれるサロンを利用することをお勧めします。

 

現在、日本全国に数多くのネイルサロンがありますが、失敗なく利用するなら事前に料金を確認することが欠かせません。
それぞれのサロンによって施術料金に差がありますが、おおよその値段を知っておくことで安心して利用することができるでしょう。
サロンでのジェルネイルの料金には差があります。

 

クリアを行なった場合、高いサロンであれば6000円ほどの料金がかかってしまうところもありますが、リーズナブルなサロンなら2000円ほどの安い料金で利用することもできます。

 

カラーは、7000円ほどの料金がかかるサロンがほとんどです。
しかし、実際にサロンでカラーを行なった方の口コミをチェックしてみると2000円ほどの低価格で施術を受けられた方もおり、お得に利用することができていることが分かります。

 

カラーの単色塗りであれば、5000円から施術が受けられるサロンが大半です。
多くの方がカラーだけでなくラメやストーンなどを使用して指先のケアを行なっていますが、このような施術を行なった場合、基本のカラー料金にプラスで料金がかかると思っておいた方が安心です。

 

また、最近人気を集めているラメラインやストーンを数個付けた場合、平均相場は1万2000円ほどとなっています。
決して安い料金でネイルを楽しめるとは言えませんが、自分の希望に合わせてサロン選びを行なうことで失敗なくサロンを利用することができるでしょう。

 

一方、現在では、セルフでネイルを楽しんでいる方もたくさんおりサロンと比べてリーズナブルな料金で実践できますが、良質なジェルネイルを使用しなければ様々な指先のトラブルに見舞われてしまうこともあるので注意することが大切です。

ジェルネイルの施術の流れについて

 

ネイルサロンの施術にかかる費用について

 

ネイルを楽しむ人は多いですが、ネイルサロンに行ってケアしてもらうことでしっかりケアしてもらい、長持ちする施術をして貰うことができます。
ジェルネイルの施術の流れとしては、始めにカウンセリングでジェルは初めてか、長さの保ちや仕事上大丈夫なのかなど施術をすることで問題がないかチェックするところから始めます。

 

問題がなければ次に、マニキュアやジェルネイルをすでに塗っている場合にはそれを落としていきます。落とし終わったらエメリーボードで爪の長さと形を作っていきます。作り終わったらジェルの保ちを良くするためにもキューティクル処理を行ないます。キューティクル部分にキューティクルリムーバーを塗り、柔らかくなったらお湯の入れたフィンガーボールで角質をふやかしたらキューティクルを押しあげて、ルースキューティクルをとります。ジェル装着を良くするために表面を整えてネイルケアをしていきます。下処理を行ないながらカラーサンプルやデザインサンプル、雑誌などでデザインのイメージを決定していきます。

 

決定したら爪表面の余分な油分を除去し、ベースジェルを塗ったらライトへを繰り返し、カラージェルを塗ります。通常は2回ほど行ないカラーが完成したら。デザインに応じてラインを引いたりストーン乗せてしていきます。ツヤと強度を出すためにトップジェルでコーティングし、未効果ジェルを拭き取って仕上げにキューティクルオイルを塗って完成です。

 

ジェルは硬化するときに熱が発生して固まります。これを硬化熱といいます。通常は熱いというほど熱を発することはありませんが、一度にたくさんのジェルが塗ると熱く感じてしまうこともあります。そんなときにはきちんとスタッフに伝えることが大切です。

 

また、家に帰ったら自分でアフターケアをすることも健康な爪を維持するにはおすすめです。ネイルオイルを塗ったり、ハンドクリームを塗るなどのケアをすることで爪の健康を守ることができます。